HorliX -wikipedia 風解説-

HorliX(ホーリックス)は、Apple社の macOS で動作する DICOM ビューアである。

概要

Mac OS X で動作するオープンソースの DICOM ビューアとしては、OsiriX が有名であるが、商用版とオープンソース版の機能の乖離が顕著になり、OsiriX ベースの Horos プロジェクトが誕生した。ネイティブでの日本語化が進まず、日本での普及は今一つであった。そのため、まず HorosJ という Horos の日本語化を目指したプロジェクトが有志の手によって誕生した。

HorosJ の日本語化リソースは、Horos のコードに取り込まれるなど一定の成果を上げた。

この HorosJ が名前を変えたものが、HorliX プロジェクトである。

名称は変更になったが、その後も、HorliX 開発チームは Horos プロジェクトに、例えば、ROI-color-rotation-UI のソースコードを提供するなど、一定の協力関係にあった。

Horos Ver3.2.0 のリリースノート HorliX チームへの謝辞が述べられている

HorliX の由来

HorliX のフォーク元である Horos と OsiriX から。さらに、オセアニアの名馬ホーリックスにちなんで命名された。「Hor ナントカ X としたかったので、伝説の名馬 Horlics に因んで命名しました」(初期の github より)。

特徴・歴史


Horos Ver3.0.1 からフォークしたため、Horos Ver3.0.1 の主要な機能は受け継がれている。ただし、HorliX Ver0.0.1 の時点でもアップデートアラート、クラウド機能などは省かれていた。なお、アップデートアラートに関して開発者は「バージョンチェックなどして、いちいち最新版へのアップデートを促すのが面倒だったからだ。バージョンアップするかしないかはユーザーが自由に決めればいいことではないか」と述べたことがある
Ver 0.0.2 で、日本語リソースの強化が図られた。
2018/08/08 に Mac AppStore より、Ver 1.0.3 (商用版)がリリースされた。使用期限を設定した無料トライアル版が、HorliX プロジェクトサイトからダウンロードできるときがある。