C++ という言語

仕事柄、ウェブプログラミングは、社会人時代よりもよくやるようになっていたのだが、ちょっとした案件で C++ も扱う必要がでてきた。

「かなり忘れているしなー」と勉強用に色々物色したのだが、やはり網羅的な参考書・教科書としては、いわゆる「ストラウストラップ本」が性にあっていた。

ただし、まったくの初学者の方は別の本の方がいいと思う。
C で組み込み系開発の経験があるなんて人にはこちらがオススメ。
最初の方で、C → ”クラス付きC” →C++ と発展し、それに伴って(プログラミング)言語的にどのように拡張されていったか書かれてあるので、いきなり文法・仕様から説明されるよりとっつきやすいと思う。

 

ANN2b

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です