ORCA Tips

せっかく OpenDolphin を Mac にインストールしたので、ORCA も同じマシンに載せたい。
Mac 上の仮想環境としては parallels というのがけっこういいらしい。
注意!WebORCA は arm アーキテクチャには対応してないので、arm Mac 上では parallels 使っても動きません)

トライアル版を試してみたところ Ubuntu 18.04 LTS も用意してくれていた。
これで仮想環境をつくり、ORCA Ver 5.1をインストール。やり方は、公式サイトのこちらで。

できてますね。マシン名とユーザーはデフォのままにしてます。

 

ORCA 公式サイトの技術情報ページを見ると、

ORCAプロジェクトでは、「日医標準レセプトソフトAPI」での実装を推奨しています。

とのことで、今後は「日医標準レセプトソフトAPI」いわゆる ORCA API が推奨されています。が、一応、CLAIM 接続も生きているようです。

CLAIM を使う場合は、ターミナルより

sudo dpkg-reconfigure jma-receipt

と打ち込めば、設定画面に入れます。
指示にしたがって設定すれば、使えるようになります。

WebORCA では、以下のコマンドになります。

$ sudo systemctl enable claim.service
$ sudo systemctl start claim.service 

 

 

ANN2b

 

クリックclose

“ORCA Tips” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です