M1 Mac に M1(Arm) 対応の JDK をインストールする

この記事でも書いたのだが、Azul というところから M1(Arm アーキテクチャ CPU。apple silicon ) 対応の JDK(Java Development Kit) がリリースされている。

どの程度高速化されるのかは不明だが、可能なら Java も M1 ネイティブで動かしたい。
では、インストール&基本設定の仕方。

JDK のインスコ

まず、Azul のダウンロードページに飛ぶ。


今回は、Java 15 の .dmg を選びました。
たぶん、dmg がもっとも導入が楽です。
ダウンロード後、dmg ファイルを「開く」。インストーラーが立ち上がるので、後は指示に従って答えていけば OK です。
この画面でのダブルクリックも忘れずに。

一応、これだけでも、所定の位置(/Library/Java/JavaVirtualMachines/ 以下)に JDK は入ります。

JAVA_HOME を設定し、PATH を通す

現在 BigSur デフォルトの shell は zsh なので、~/.zprofile などに以下の2行を加える。

export JAVA_HOME='/Library/Java/JavaVirtualMachines/zulu-15.jdk/Contents/Home'
export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH

これで、Java でのコンパイルなどが可能となります。

何はなくても Hello, World!

動作確認のために定番「こんにちは、世界」します。

public class HelloWorld{
   public static void main(String[] args){
     System.out.println("Hello World!");
   }
}

上のコードをエディタで HelloWorld.java として保存。
あとは端末からコンパイル&実行。

%javac HelloWorld.java
%java HelloWorld
Hello World!

どこまで M1 の恩恵を受けているかまではわかりませんが、無事、M1 Mac でも Java コードが動いてるのが確認できました。

 

 

猪股弘明
HorliX 開発者

 

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です