OpenDolphin

OpenDolphin-2.7(m) を Mac OSX にインストールする

 

このところ Mac づいているので、練習がてら無料オープンソース電子カルテ OpenDolphin の Mac OSX Catalina へのインストールを試してみました。

ORCA との接続はできてますし、テスト的に使う分には以下のようなやり方で十分かなと思います。

1. 環境構築

面倒ですね (^^;)
出てくる役者が多いので、よくわからない人は

OpenDolphin/OpenOcean をカスタマイズするために知っておいた方がよいこと

OpenDolphin/OpenOcean をカスタマイズするために知っておいた方がよいこと 2

あたりを読んでまずは全体像をつかんでみましょう。

1-1 JDK の導入

まずは、JDK (Java Development Toolkit)の導入。
ここを参考にして今回は OpenJDK 14 にしてみました。

1-2 maven の導入

ここを参考にして導入。

1-3 WildFly の導入

ここを参考にして導入・・・なんですが、いきなり WildFly 20 ですか?
むろん、これは Java EE 8 準拠。若干、不安。

1-4 NetBeans の導入

NetBeans ダウンロードページ に飛んで、落としてくる。

現在(2020年7月)だと最新版は NetBeans 12 。日本語版もあるのかな?そっちの方はよくわかりません。
あとは、落としてきた .dmg ファイルの指示に従ってインストール。

1-5 PostgreSQL の導入

PostgreSQL のサイトには Mac OSX 向けの Postgres.app を用意しているので、これを使った。ダウンロードページはこちら

ついでで ユーザー dolphin と データベース dolphin もつくっておきましょうか(もちろん後でもいい)。
まず、dolphin というユーザーをつくって、データベース dolphin をその所有者にする、という手順です。Mac だと Postgres.app が走っているとメニューバーに象さんのアイコンがありますが、

ここから pgAdmin4 というブラウザベースのGUI管理ツールが起動できます。

細かいところでバグがけっこうあるという話ですが、ユーザーやデータベースつくるくらいでは支障なし。 GUI はこういうとき便利。

ここくらいまでで準備は整ったでしょうか。

2. OpenDolphin ソースコードからのビルド・デプロイ

まずは、ソースコードが公開されているリポジトリからソースコードを取得しましょう。
普通に本家でもいいですし、カルテ記載内容で何かしたいという人なら猪股先生版で。

2-1 まずはそのままビルド・デプロイ

NetBeans を起動してローカルに落としてきたプロジェクトを読み込ませる。client, common, server の各プロジェクトを開いて、必要なライブラリをどんどん持ってきましょう。

上図でいうところの Download Declared Dependencies を選べばよいです。
ただし、ext_lib 内におさめられている iTextAsian.jar と AppleJavaExtensions.jar はリモートにはないので、ターミナルから上記フォルダ内に侵入して以下のように打ち込んで手動でインストールしておきましょう(これがどの程度効いているのかイマイチわからんのですが)。

mvn install:install-file -Dfile=iTextAsian.jar -DgroupId=opendolphin -DartifactId=itext-font -Dversion=1.0 -Dpackaging=jar
mvn install:install-file -Dfile=AppleJavaExtensions.jar -DgroupId=com.apple -DartifactId=AppleJavaExtensions -Dversion=1.6 -Dpackaging=jar

ソースも 1.8 ターゲットも 1.8 だし、ビルドもできないかと思ってましたが・・・

できてましたね。

ここまできたらデプロイもしたいところ。アプリケーションサーバの WildFly は Java EE 8 準拠なのでまともに動かんだろう・・・。

と思っていたのですが、けっこう動きました。
(※ custom.properties や standalone-full.xml の修正はOpenDolphin-2.7.0b を Win10 にインストールしてみた』を参考にしてます)

まずは、サーバを WildFly 管理画面から投入。

あやややや、PostgreSQL とも連動できてますね。

ここまできたら、クライアントもサーバと通信させたい。
適当にユーザーを sql でデータベースに流し込んで、クライアント起動(なお、猪股先生版は Mac でもダブルクリックで起動できるんですね、知らんかったわ)。

登録したユーザー admin さんでログイン敢行!

 

ログインできてますね。

ただし、「スタンプを読み込んでいます…」から進行せず。

ただ、メニューの表示やバグの挙動などがけっこう特徴的だったので、ちょっとした修正すればもうちょっと先に進めそう。

2-2 ソースコードを JDK 14 向けに修正

とはいっても最近の Java の仕様はチェックすらしてないので、各プロジェクト pom.xml の 1.8 を 14 に強引に書き換えするなどして、あとは試行錯誤的に修正という荒っぽい方法を採用。

それでもなんとか、スタンプボックスに加え、患者待受の画面も出現。

デモ患者も sql で流しこもうと思ったのですが、これはうまくいかず。

手っ取り早く、ORCA と接続して使うことにしました。

3. お試し使用

3-1 ORCA の準備

OpenDolphin は ORCA と連動して動かすことを想定して設計されているので、ORCA を準備する。今回は、Parallels というソフトを使って、Ubuntu の仮想環境をつくりそこに ORCA (Ver 5.1) をインストールしてみました。

やり方などはこちらで。

あとは、適宜設定。

3-2 試用

ORCA でデモ患者「秋場太郎」さんを登録して、OpenDolphin に送信。

なお、ORCA クライアントも Mac で運用したい場合は、monjiaj(Java で動く ORCA クライアント) を JDK 14 でビルドしましょう

OpenDolphin 側の待ち受けにも反映されてました。

患者さんのカラムをダブルクリックするとカルテ画面が出現。

シンプルですが、なかなか使い勝手はいいと思います。

3-3 FileBackUpSystem

カルテ記載内容を確定させると OpenDolphin-2.7m では、ユーザーホームに記載内容をプレーンテキストで書き出してくれます。

クライアントホームの OpenDolphin フォルダ内に Backup フォルダがつくられ・・・
その下の患者さんフォルダがあります。

テキストファイルがカルテ分あります。

開くと・・・

書き出せてますね。

4. その他 Tips など

サーバを常時バックグランドで走らせるのでなければ、使う度毎にターミナルからコマンド打ち込んで WildFly を起動させるのは面倒なので、Automator を使ってアプリ化しておくと便利かもしれません。

シェルスクリプトもアプリ化できるのは初めて知りました。
デスクトップに置いておいてダブルクリックすれば、WildFly が起動できます。
Mac 便利。

 

 

(適宜修正予定)

ANN2b

協力:猪股弘明(精神科:精神保健指定医)