ORCA

概要

ORCA (オルカ)は、日本医師会 ORCA 管理機構が開発・配布している医療保険請求用のレセコン(レセプトコンピュータ)ソフトである。名称は Online Receipt Computer Advantage から来ている。Linux の Ubuntu ディストリビューション上で稼働する。
公式 HP は、http://www.orca.med.or.jp/
メーリングリストは、ユーザー向け・開発者向けなどが別個に用意されており、こちらで案内されている。

経緯

公式 HP の記載が、ORCA プロジェクト発足意図を上手く表現していると思われので引用しておく(太字加工は筆者による)。

現在、全国約10万箇所の医療機関の8割以上が、毎月の診療報酬を請求するため、専用コンピュータ(レセコン)を使用しています。このレセコンは、主に民間企業主体で開発・販売され、メンテナンス費用を含めると、高いものでは700万円から800万円、安いものでも300万円から400万円の投資が必要でした。また、それぞれの企業が独自に開発を進めた結果、データの形式にほとんど互換性がなく、ネットワーク化も進んでいません。
そこで日本医師会では、医療のIT化、医療情報の標準化を進めるためにORCAプロジェクトを立ち上げ、その1つの手段として、ネットワーク端末としても利用できるレセコンの開発に着手してきました。そして、これを日本医師会独自のものにおしとどめることなく、国民に良質の医療を提供するため、広く一般に利用できるよう公共財的な位置付けで、このプログラムを公開することを決定しました。

この意図はそれなりに成果をあげ、2020 年 7 月現在、並いる商用ソフトと互して、国内2位のシェア数を誇っている(全国17151施設で導入されている)。

しかしながら、全国の医療機関は約10万施設あり、その3割は PHC (母体は三洋)のメディコム(medicom)シリーズが稼働している。シェアの絶対数では、若干水をあけられた格好になっている。

 

ライセンス

ORCA 本体自身のライセンスは、「日医オープンソース使用許諾」という独自のライセンスを採用している。ソースコード及びマスタデータを利用することは許されているが、マスターデータを変更して再配布することは「健康や治療への悪影響を回避するため」に禁止されている。
ただし、サーバー機能を受け持つ panda (以前の MONTSUQI)は GPLv2 である。

 

技術的特徴

しばしば「ORCA は COBOL で書かれている」と言われるが、COBOL コンパイラーである GnuCOBOL(以前の OpenCOBOL) は COBOL コードを GCC コードに変換しているのみで、実際のバイナリへのコンパイルは GCC がおこなっている。
サーバー部の panda は、C/C++ で書かれている。
また、Windows, Mac の ORCA クライアント(monjiaj)の開発言語は Java である。

 

運用形態

もともと無償診療所向けの医療事務の IT 化のために開発されていたため、これ一台で患者の登録・窓口レベルの診療にかかる負担金の算定・領収書の発行・処方箋の発行・月毎の保険金請求のための専用のファイル作成などができる。

しかし、医療職がおこなった診療行為をオペレーターがその都度手入力するのは煩雑であるため、後述するように電子カルテと連動させて運用する場合が多い。

 

ORCA 連動型電子カルテ

デジカル、きりんカルテ、CLIUS、OpenDolphin などがある。

 

 

(随時更新予定)

 

ANN2b
猪股弘明(精神科:精神保健指定医)