回線(キャリア)と端末は別、というトレンド

アハモフック、いやいやアハモショックの影響で、「回線と端末は別々に選ぶ」という時代にはなってきたと思う。

回線

実際、ある程度使える回線を表にまとめるとこんな感じになると思う。

主要キャリア 格安プラン サブブランド
docomo ahamo OCNモバイル?
au povo UQ mobile
softbank LINEMO Yモバイル

お金に余裕のある人は主要キャリアの適当なプランを選んでいれば間違いはないが、例えば、ほぼ一人で使うというような場合、各種サブブランドを選んだ方が経済的に節約になる。
さらに、データ使用がそれほどでもない場合(数G程度)、UQ mobile の繰り越しSプランで事たりる。


極端な例かもしれないが、独居で 60歳以上でほぼ通話にしか使わないといった場合、現状だと UQ mobile を契約して 60歳以上の1000円割引を申請するのが今のところもっとも安くあがる。

また、家族割りを使う場合は、ワイモバイルの料金体系はかなり工夫されている。
1回線使用の場合、それほど安いということはないが、2回線目からかなり割引が効き、家族で使う場合にはトータルとしてはかなりリーズナブルな料金になる。

端末

回線の工夫に比べ、今ひとつ立ち遅れているのは、端末の方だ。
これまで端末はキャリアの代理店で購入することが常識とされていた。
この際、docomo でも au でもいいのだが、docomo 版の android 端末を購入した場合、au 系列の UQ mobile に切り替えようとすると、docomo の電波をすべて掴むということができない仕様になっている。
せっかく回線提供会社が、さまざまな工夫をしていても、これではかえって使いにくくなってしまう。

解決策は国内 SIM フリー版を端末メーカーから直接購入すること

この点、うまくやっているのは iPhone だろう。
公式サイトで購入すれば、国内SIMフリー版が何の苦労もなく購入できる。
あとは、好きな回線の物理SIM や eSIM を装着すれば、原則、どの回線でも使用できる。特定のバンドを潰すということはしていない。
問題は現時点で他の端末メーカーがこの方式を採用していないことだ。
sumsung の galaxy シリーズなどはかなり人気のある機種だと思うのだが、購入できるのは docomo と au を通じてのみだ。

ただ、最近になってこの慣例にも翳りが出始めているようだ。
今のところ SONY だけなのだが、公式サイトで国内 SIM フリー版を販売するようになった

上の画像は、公式サイトから持ってきたが、極めて当然のことをいっているように思える。

この流れが今後のスタンダードになることを切望する。

 

air-h-128k-il

au → povo ではなく au → UQ に変更、ついでで…

これまでスマフォ端末のことは気にしても、回線のことなどあまり気にせず、キャリア代理店のショップで適当にプランを選択していた。
が、巷では ahamo の発表を皮切りに povo だの linemo などが話題になっている。スルーできない心境になって、これは良い機会と乗り換えを検討した。

回線乗り換え

もともとが au 民だったので、povo あたりに乗り換えるのが妥当なんだろうが、galaxy S シリーズユーザーとしては ahamo (docomo 系)公式取り扱い端末の S20 も魅力的にうつる。

povo か ahamo かしばらく迷っていたのだが、結局、選んだのはそのどちらでもなく、UQ mobile 。

私の場合、外で巨大なファイルを落とすことはまずないのでデータ通信量 20G は要らない。

povo はい、消えたー(笑)。

UQ mobile の弱点は、公式取り扱い端末がしょぼいというところがあるのだが、ネット上で調べると、今は中古端末市場も充実していて、程度の良さそうな S20 はよく出回っている。ここから調達すればいい。まあ、ここは若干リスクがあるところであるが。
(なお、UQ mobile の回線の実体は au 回線なので、au 版の galaxy 端末でないと au のバンド全てを掴んでくれない。docomo 使用バンド帯にカスタマイズされた docomo 版 galaxy は使えないわけではないが、キャリア回線を使う恩恵を充分には受けられない)

どこで端末を入手したらいいかとか SIM の入れ替え方法などはネット上で様々な情報が得られるので、ここら辺の細かい話は割愛。

結局、こうなった。

まず、au → UQ へ乗り換え。問題なく使えそうだったので、S20(au 版の中古)に移行したという次第だ。

料金などはかなり安くなったが、これまでのところ通話品質や機能に関してあまり不自由を感じていない。

地味に嬉しかったのは、ほぼ同程度の筐体サイズながらディスプレイが 5.8 → 6.2 に広がったこと。眼がそろそろ・・という人にはこれは助かる。

月を跨ぐと「くりこし」の効果が出てくる

ところで、プランは「くりこしプランS」という最も安いプランにした。データ容量は上限が3G(これを超えると通信速度は 300kbps に抑えられる)。
私の場合、3月には 1.15G しか使ってないのでデータ残量は 1.85G、4月1日には自動的にこの分がくりこされたようで4月は 4.85G となった。

ちなみに、上記のアプリで「節約モード」にしておくと通信速度は 300kbps に抑えられるかわりにデータ消費としてはカウントされない。
テキスト主体の web ページを閲覧するくらいだとこのモードでも十分である。
ただし、「くりこし」によって増量されるデータ残量は上限6Gである。

他の格安SIMは使ったことがないのだが、私のような使い方をしている限り他社の5Gくらいのプランとあまり変わらないのではないかと思う。

SMS

GitHub などを使っていると二段階認証の本人確認で SMS を使うことがよくあるが、これは特に設定の変更することなく問題なく使えた。
ただし SMS+ の機能は使えない。

5G

UQ 自体はまだ5G通信には未対応だが、端末にはそのためのパッチなどが提供されている。

一説によれば、夏頃からは提供されるということなので、あまり期待せず待ちたい。

ここまでの感想

ここまででちょっと感想めいたことを言わせてもらえれば、この乗り換えに関しては何ら不満はない。
キャリアに加え、格安SIM系もプランなどに色々工夫を入れていて、回線の方の多様性などは利用者への利便性は上がっていると思う。
問題は、iPhone を除けば国内SIMフリー版の端末がほとんどないことであろうか。

国内SIMフリー版

SONY が取り扱いを始めている。

https://www.sony.jp/xperia-sp/store/products/xperia-simfree/

なんだが、これ、キャリアが Xperia の取り扱いを敬遠し始めたってのが、背景にあるようですね。

そろそろ発表されるであろう Xperia 1 Ⅲ でどうなるか。

 

air-h-128k-il

 

Save the DolphinS -OpenDolphin データ抽出ツール・プロジェクト-

久しぶりに電子カルテ OpenDolphin-2.7m(実質的には OpenOcean 0.0.1 と一緒)を臨床現場に投入するかもしれないということで、データ抽出ツールも数年ぶりにテスト稼働させる。
開発言語である Java のバージョンも上がっているし、まるっきり動かないかと思っていたら、そうでもなかった。

細かいところではもちろん不具合はあるのだが、データベース(PostgreSQL)に永続化されているカルテ記載内容を OpenDolphin を経由せずに取り出してくれた。
ちょっとほっとした。

なんで、こういうものが必要なのかは一般の人にはわかりにくいと思うが、電子カルテには縛りがあるためだ。具体的に気にかけておくべきは
・カルテ自体に保管義務がある
・電子カルテには3要件(真正性・見読性・保存性)が求められている
・3要件自体はガイドラインで罰則はないが、e-文書法(電子文書法)が適用される場合には罰則の対象になる可能性がある
の三つくらいだろうか。

ここらへんの解説は『OpenDolphin と電子カルテの3要件とメドレー』あたりを読んでみてください。

3要件のうち面倒なのは「真正性」というやつで、

電子カルテのデータを例えばデータベースに保存する場合、「誰が」書いたのか、その後「いつ、誰が」改変(あるいは消去)したのか、わかるような特別の仕組みをつくりこんでおかなければならない

とちょっとややこしい。
たいていの場合、ユーザーにシステム上の記録の「消す」作業に制限をかけることでこの条件をクリアしていると思う。こうしておくと、電子カルテ画面上である表現を削除したとしても、削除する前のバージョンは残っているので、データベース上にはこの一連の経過が残ることになる。
システムレベルで「上書き保存」ではなく「別名で保存」を採用しているといえば伝わるでしょうか。

だが、こういう作り込みをしてようやく「真正性」をクリアしたとしても、問題はまだ終わりではない。

何か問題がおこって、例えばカルテ開示を求められたような場合、そのカルテの(日付上は)最新の日時のバージョンを提示してもそれだけでは厳密にはカルテ開示したことにはならない。
想像つくかと思うが、医療者側に都合よくカルテ記載内容が書き換えられているかもしれないからだ。
この場合は、正しくは、通常使用では見えない状態になっている「消された表現」の部分も提示する必要がある。

実際、上の例でもこの患者さんのカルテは3件だが、途中経過版を含めると11件になっている。

MML 出力(という外部出力機能。ただし MML 規格はほとんど普及しなかった)を引き受けるサーバがない状態での OpenDolphin は、果たして電子カルテの3要件を満たしているのか?という疑問は実際よくあがっていた。

それはともかく、ローカルで稼働する OpenDolphin は、商用での開発が止まったため、自力運用する場合には、ここらへんの配慮をする必要があるのだ。

基本的動作は問題ないが、実運用するには、もうちょっとチューニングが必要かな。

 

air-h-128k-il

 

Apple Watch の心電図アプリの計測データを外部に取り出す

iPhone の準備が整ったところで Apple Watch も導入。
6 シリーズの Nike モデルにした。


アルミスペースグレイの筐体に黒系のバンドにしたので「ちょっと重くなるかな?」と心配していたが、あまり強い自己主張なくすっきりとまとまっていてこれはこれでアリだと思うようになった。

ついでで書いておくとバンドはかなり容易に変えられるし、文字盤なども画面操作一発で変更できる。だから、購入アイテムの選択肢に迷ったとき、まず決めるべきは、シリーズ(モデル)筐体の材質と大きさと色だ。

 

それでは、本題。

私の興味の中心はやはり心電図アプリなんだが、その意義とか測定方法などは色々な人が様々なやり方で情報発信しているので、ここでは割愛。

Apple Watch で取得したデータは iPhone に送られるのだが、そのデータの取り出し方に関して書く。

手軽にできる方法は次の二通り。

PDF で書き出す

これはよく知られた方法。
ヘルスケア→心電図(ECG)→ PDF に書き出したいデータを選択
で、この画面になる。

「医師に渡すためにPDFを書き出す」をタップして適当なプリンタから打ち出すか、AirDrop などで Mac に PDF ファイルとして送りあとはファイルとして保管すればいい。

気の利いた医療者ならば、医療システム(電子カルテやPACSと呼ばれる画像サーバなど)のどこかに保管してくれる(はず)だ。

電子カルテにこのように貼ってもらえれば、心電図アプリも本望だろう。

 

PACS や画像ビューアなどにも「画像として」取り込むことはできる(後述するように「データとして」取り込む方がメリット大きいんですが)。

ちなみに PHR (Personal Health Record) という概念があり、今後は日本でも自分の医療データは自分で管理するという時代になると言われている。
今のところ、興味深い試みはあるもののなかなか実現できそうな感じがないんですが・・・。

ヘルスケアデータ全体を zip ファイルで取り出す

これはあまり知られていないかもしれないが、iPhone 内に記録されているヘルスケア系のデータを完全な形ですべて取ってこれるので、以下の方法は有用。

ヘルスケアアイコンをタップして概要のページが出てきたら、画面右上のユーザーアイコンをタップする。


すると次の画面に遷移するので、「すべてのヘルスケアデータを書き出す」を選べばよい。


データをどこに送るか iPhone が訊いてくるので、適当に選ぶ。
たぶん、一番簡単なのは AirDrop で Mac に送ること。
送受信が上手くいけば、Mac の「ダウンロード」フォルダ内に「書き出したデータ.zip」が送られているはずなので、これを解凍する。
apple_health_export フォルダがあるので、これを「書類」あたりに配置しておけばいいでしょう。
なお、心電図データは apple_health_export -> electrocardiograms フォルダ内に CSV ファイル形式で記録されています。
この方法のいい点は、(おそらく)生データが取得できるところ。

「データとして」情報が取って来れると2次的な利用もしやすくなる。
実は apple watch は心電図アプリを使って計測を始めると、生体からの電気シグナルを 1 秒間におおよそ 512 回程度サンプリングしており、そのデータを直接加工することができる。
例えば、


などというデータがあった場合、(この場合は)「S波が歪んでいるのでもうちょっと詳しくみてみたい」ということがある。
これは、適当なプログラムを組めば、以下のように実現できる。
(python という言語を使用。コードはここを参考にさせてもらった)

1550 〜 1650 回のサンプリング値のみを表示させているので、波形形状がより詳細に描かれているのがわかると思う。

もっとマニアックな方法

実は、上記二つ以外にもやり方はあるのだが、プログラミングまで踏み込まないと実現できないのでここでは説明は省略。

 

air-h-128k-il

 

SIM なしでも iPhone 自体はアクチベートできるし、eSIM のみでも回線は開通できる -楽天モバイルを例に-

スマートフォンはアンドロイドを使っていたのだが、アップルにデベロッパー登録している身としては iPhone くらいは持ってないとあかんかなと思い、遂に数年ぶりに iPhone 導入。
サブ機として利用するので回線は楽天モバイルにした(現在、絶賛1年間無料キャンペーン中)。
世間的には ahamo や povo が話題をよんでいるのだが、
・データ通信なんて3Gも使わない
・都心部のみで通話できればいい
という人にはけっこう使い勝手のいい料金体系になっている。


なお、今回は設定を若干楽にするため SIM も物理 SIM はやめて eSIM というカメラで QR コードで読み取って設定するやつにした。

ところで、ネットでは
・iPhone は(物理 SIM でも eSIM でも)SIM がないとアクチベートできない
とか
・iPhone は eSIM のみでは回線は開通できない
みたいな記事をよく見かけた。

もちろん、両方とも間違い。

初期化された状態の iPhone の電源をオンにした後、Mac や WiFi などを経由してアップルのアクチベーションサーバと通信できさえすれば iPhone 自体はアクチベートできる
電源投入時にネットに繋がっていなくても iPhone はご丁寧にも「WiFi に接続してください」や「Mac とケーブルで接続してください」といったガイド画面が出してくれるので、その指示に従っていくだけでいい。

(まずは、iPhone 自体を SIM なしでアクチベートする)

いったん iPhone 自体がアクチベートされてしまえば、SIM の設定はその後でもできる。もちろん、eSIM のみでも回線開通は可能だ。
楽天モバイルの場合は、回線開通の方法や専用通話アプリ(これを使うとかけ放題になる)のインストール方法などが書かれた冊子が送られてくるので、その指示に従えばここら辺の設定はそれほど面倒ではない。

Rakuten Link という専用通話アプリの通話品質も少なくとも横浜や東京23区内では使えるレベルにはあると感じた(三大キャリア並とは言ってない)。

なお、Rakuten Link に関してもうちょっと詳しく知りたいという人は

などをご覧ください。
現状での実装の質はひとまず置くとして、RCS(Rich Communication Services)という国際規格に乗っ取ったアプリです。アヤしくない。

 

通話サービスエリアの状況を見ると(特に)山間部では微妙(下の図は楽天モバイルサイトより2021年2月15日取得)。


(濃い赤が自社回線によるエリア。ピンクが au や docomo から借りている回線によるエリア。青が2021年夏までにサービス提供できるエリア)

楽天モバイルをメイン回線で使うのはまだちょっと無理があるかもしれないが、都心部で割り切って使う分には問題ないでしょう。

 

(環境)
iPhone 12 (SIM フリー)
楽天モバイル UN-LIMIT VI
SIM: eSIM

 

air-h-128k-il

🌟 楽天モバイルでは iPhone12 は動作保証外らしいので、ご利用は自己責任でお願いします。