AppleWatch 3ヶ月使用後レビュー

AppleWatch を使い始めてそろそろ3ヶ月経ったので、気がついたことなど。
(導入したときの記事はこちら

⭐️ バンドを変えやすいのは何気に便利。だが・・・。

通常の腕時計よりはバンドが着脱しやすい機構になっている。
私の場合、やはり純正のシリコンのやつは若干色めが落ち着きすぎ(はっきりいうと重い)だったようで、落ち着かない。
しばらく、白黒のコントラストがはっきりしているこちら(↓)のものに取り替えて使っていた。

写真だと伝わりにくいと思うが、質感は純正のものより安っぽい感じ(純正品より安い。値段相応)。
だが、明快に AppleWatch っぽくなった。

なのだが、いい歳をしたヲヂさんはこんな感じのをつけていると落ち着かなくなってくるのよw

結局、どうしても我慢ならなくなって、いたって普通の黒い革製のバンドを購入(↓)。

文字盤も導入当初はあれこれ変えてみたが、一番普通っぽい Nike (ナイキ)の文字盤でほぼ固定。なお、この文字盤はけっこう人気なようなのだが、わかるような気がする。普通の白黒コントラストのすっきりとしたデザインにナイキロゴの赤い差し色。視認性は良いし、普段使いにちょうどいい。

なるべく普通の腕時計っぽく見える方に寄せていったわけです。
(周囲の同年代男性も概ねこんな感じでした)

結局、これに落ち着いたし、しばらく変えるつもりはない
現在は黒の金属製のバンドにしてます。

AppleWatch のベルト問題

⭐️ バッテリー持ちは、気になる人は気になると思う

言われているほどバッテリー持ちは悪くないし、1日1度、充電するのが習慣化してしまえば、バッテリー関係に関しては大して気にならない。

だが、よほど余裕のある人でない限り、いつもいつもゆったりとした気分で充電できるわけではない。
ある程度社会参加している人なら突然一泊くらいの出張に出ることはよくある。こういうときにダメなんだな。
一応、省電力モードはあるのだが、仕事のさなかそんなの気にしたくない。

やはりソーラー電波あたりと比較してしまう。

ほぼメンテフリーで使えるソーラー電波と比較してしまうと(時計としてみた場合は)、利便性という点で使いにくい。

⭐️ 現状だとどういう人向けか

やはり、健康が気になる人向けだろう。
AppleWatch が提供する各種機能が必要だという人には換えが効かないとは思う。

だが、この点でも AppleWatch は進化の過程だと思う。
心電図機能は使えるようにはなったが、血糖値測定はいまだ開発中だ。
(『AppleWatch と血糖測定とラマン散乱』など参照)
しかも、この点では sumsung の方が先行しているようだ。

⭐️ まとめ・感想など

・いかにもな感じが苦手な人はバンドを変えるなどして対応

・時計としてみた場合、利便性(特にバッテリー持ち)はイマイチ

・生体測定装置としてみた場合はまだ完成形とはいえない

 

air-h-128k-il

 

 

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です