OpenDolphin -増田ファクト難民-

この頃、諸々あって OpenDolphin(オープンドルフィン) 関係を調べている。
→結局、『OpenDolphin -wikipedia 風解説-』にまとめました。

そこでいう OpenDolphin は OpenDolphin-2.7(m) 系列のことを指している。
というのは、現在(2020年年末)においてソースコードが公開されている最後のバージョンがそれだから。
ま、他にも理由はあったりするのだが、それは割愛。

それ以前は 2.3 系列や 2.5 系列がそれなりに普及していたようだ。

で、調べていたとき、「増田ファクト難民」という言葉を何回か耳にした。

「増田ファクト」というのは、和歌山の内科開業医(現在は閉院しているようですが)、増田茂 氏がフォーク(Fork ) したバージョンで、確かに以前はそれなりに普及していたようだ。

なのだが、私が調べた範囲では、使っている医師はまったくいなかった。
まあ、私の知り合いなんぞ東日本中心にかなり限られているけど。
(ちなみに、ほとんどは OpenDolphin-2.7 系列の自力運用。まあ、院内SE抱えていれば、運用はさほど難しくないでしょう。当然)

OpenDolphin-2.7m猪股先生も一時期は使っていたということで、それなりの質を維持していたんだと思う。
実際、猪股先生も

おそらくこういった「導入は増田ファクトで(当時としては、確かによくできた導入環境でした。ただし、導入手順書にしてももっぱら windows 前提で、Mac OSX へのインストールなどはまったく触れられていませんでした)。ある程度、様子がわかってきたら、さらにカスタマイズ。その後は、独自路線を突き進むなり本家に戻るなりして開発を継続」といったパターンは多かったと思います。

と『OpenDolphin について』の中で述べている。

 

で、「増田ファクト難民」ですよ。

なんでも、増田氏、ユーザーさんが何か気に入らないことをするとバッサリとアプリ(OpenDolphin-2.3m というらしい)の提供をやめていたとか。
また、電子カルテの乗り換え時に「増田ファクト」から他電子カルテに乗り換えるとき、データ移行の手段をまったく提供していなかったという(もちろん今はどうかは知らない)。

そういった「電子カルテはあれど、データが取り出せない」見捨てられたユーザーのことを隠語的に「増田ファクト難民」と言っていたらしい。

元商用開発元の方も「増田さんのバージョンからの乗り換え(データ移行)は何回か手伝ったことがある」と明言していたので、たぶん、そういった事情は本当にあったんだと思う。

もちろん増田さん自体はソフトを無償で提供していたので、このこと自体は咎められないと思うのだが(基本的には何か問題がおこったとしてもユーザーの自己責任)、問題はそのような運営状態にあるソフトを「電子カルテ」と呼んでいいのかってことなんだな。
ここらへんはややこしい問題も含んでいるので猪股先生が書いた『OpenDolphin と電子カルテの3要件とメドレー』を読んでみてください。ネット上ではかなり参照されている記事です。

 

そして、(これ書いていいか相当迷ったのだが)思い切って書いちゃうと、その後の増田さんの言動が周囲の評価を下げたと思う。

まず、猪股先生の OpenDolphin-2.7m がご自身の 2.3m のフォークだと主張した点。
これは完全に誤り。
OpenDolphin は、バージョンが上がるにつれテーブル数が増えていっている。
2.3 ベースのものと 2.7 ベースのものでは、そもそもテーブル数が違っている。
データベースを精査すればわかるが、OpenDolphin-2.7m は LSC 版 OpenDolphin-2.7 の直接フォークで、データベースの構造も 2.7 と何一つ変わっていない。
2.3 ベースの 2.3m からわざわざテーブルを増やして、2.7m に進化させるという手間のかかるアプローチを取る必然性はまったくないし、一般公開が中止された 2.3m をベースに 2.7 系に修正をはかるというのは不可能に近い。

次に、猪股先生版 OpenDolphin (OpenDolphin-2.7m)のいわゆるファイルバックアップシステムを「役立たず」のように悪様に評価したこと。
どのような評価をしようが自由ではあるのだが、世間的に評価されているのはむしろこの機能だろう。
実際、ここまでデータ構造に関して理解している人はいないということで後期 LSC やメドレーからメンテナの打診があったのはよく知られた話だ。

さらにダメを押したのが増田茂が「OpenOcean は著作権違反行為だ」と誹謗中傷をしたことだろう。
その論理で言うなら 2.3m には dcm4che のコードがそのままの形で含まれていたのだから、増田ファクトの方が GPL 違反をしていたことになる(そしてそのことを増田茂は、一言も言及していない)。

また、ここから疑惑が生まれたように思う。
本当に自分でコーディングしているなら、こういった間違いはまずしないからだ。
もちろん昔書いたコードなどそのロジックを忘れることはけっこうあるのだが(バグの温床になります、はいw)、新規に追加した機能などはソースコードを何遍か見直せばほぼほぼその意図は思い出す。
猪股先生自身が「勘違いされてるんじゃないですか?」と指摘しても自分の主張を引っ込めなかったし、当時の商用開発元(私は後期 LSC とか呼んでますが)「増田ファクトと商用版とのデータ互換性はない」と明言しているにもかかわらずそのことを認めなかった。まあ、後者は「互換性」の定義にもよるのだけど。

実際、開発元が、後期 LSC 〜メドレーあたりになってから、増田さんは「開発者」としてはみなされていないそうです。
これもかなりおかしな話なんですよね。
過去のことであってもソースコードを提供したなら、contributor としての立場は変わらないはずなんですが、実務上はそういう取り扱いになってないようです。
経営陣が変わった途端、その立場を失うってのは商用ソフトならともかく(あ、商用ソフトでも本当はまずいかw)オープンソースの世界ではありえないはずなんですが。
GitHub でソースコードのやり取りしていれば、変に疑われることもなかったと思うんですが、その痕跡はまったくと言っていいほど残ってないし。
やっておけばよかったと思うんですけどね。

最後に付け加えると、メドレー的には「増田ファクトは危険」という認識らしいです。
OpenDolphin という名称は、特許庁による判断が下されてから、原則、他の団体が使っても問題なくなったんですが(air-h-128k-il 氏の『OpenDolphin と知財権に関するちょっと小難しい話』にかなり詳しい解説があります)、それはあくまで本家版との相違点が明示されている場合のみです。
「データ互換性がないのにあたかも互換性があるように広報するのは、容認し難い」そうです。
あ、これメドレーの言い分ですよ。
私じゃなくて(これ言っておかないと変に恨まれたりするんで)。
MIA も SOSO も猪股先生も、後期LSCとメドレーから許可取ってるんで、そうすればいいだけの話だと思うんですけどね。

(追記)長々と書いてましたが・・・

メドレーに開発元が移って状況はさらに変わりました。
メドレー自体が「OpenDolphin は GPL に従う必要はない」とかなりはっきり言うようになった。
増田さんの取り扱いに至っては(はっきりと言ったわけではないですが)「契約上、著作権者として取り扱っていただけ」のようです。
OpenDolphin について』より

あらら。
不自然なことは山ほどあったが、結局、そういうことだったわけですか。

 

ANN2b

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です