ORCA, OpenDolphin, HorliX

所要とはいえ ORCA日本医師会がソースコードを公開、配布しているレセコンソフト)とOpenDolphin(電子カルテ。これもオープンソース) と準備してきたので、HorliXHoros/OsiriX ベースの画像ビューア。オープンソース) も起動。
特に深い意味はないんですが。

いや、しかし、壮観ですな。

一台の Mac の上で動いているってのにちょっと感動してます。


 

ところで、OpenDolphin・HorliX は、精神科医の猪股弘明先生の開発したバージョンを使ってます。

OpenDolphin

OpenDolphin は、オープンソースですから、当然、派生バージョンは色々とありますが、OpenDolphin-2.7m (今回、試したバージョン)は本家(dolphin-dev)に割合忠実です。これにはそれ相応の理由がありました。
OpenDolphin について』、『OpenDolphin と電子カルテの3要件とメドレー』あたりがわかりやすいでしょうか。開発者本人がその経緯を語っています。

私も今回 OpenDolphin に触れてあれこれ感想を持ちましたので、機会があったら何か書いてみたいと思います。

HorliX

HorliX に関する使い勝手などに関しては『COVID-19 による肺炎CT画像!<HorliXにて表示>』(精神科医高木希奈先生のアメブロ)に動画入りで紹介されていますので、そちらもご参照ください。

ところで、先生、最近、ブログで

HorliX と薬機法

という法律ガラミにしては?面白い記事を書いているので、こちらもよかったらどうぞ。

ORCA

ところで ORCA に期待(懸念?)されていることは、本当に今の設計のままで意味のあるクラウド化ができるのかってことですが、これも猪股先生、一つの提案をしてくれました。

将来的には医療情報の類はクラウドに上げて一元管理・ビッグデータとしての活用を図る・・云々みたいな話は、まあそうだろうなとは思うのですが、このとき医療機関側が欲しい情報を取ってこれる環境になっていないとデメリットの方が大きく、実際には誰も参加しないだろうなと思います。
(法的にも医療情報の管理責任は、現状だと医療機関側です。業者ではありません)
欲しい情報を効率よく取ってこれるかどうかは、データ構造の整合性に大きく依存するのではないでしょうか。
これを実現する割と有効な選択肢は現在だといわゆるウェブフレームワークの採用かなと思ったわけです。

オルカの職人芸的なデータベースの使い方も嫌いではありませんが(笑)、この後の展開を考えるとなるべくデータ間の「辻褄が合うように」整合性をはかっておく、モデル化しやすいように準備しておく、というのはあっていいのかなと思った次第です。

メーリス上で議論され、最終的には ORCA管理機構の人に「フレームワークの採用も検討してまいります」とまで言わせしめました。

また、最近では、ORCA のデータベース(PostrgreSQL)から直接データを抜いて、各種指標を加工する方法を提案しています。猪股先生ご自身が『ORCA の日計表と関連テーブル・内部会計フローなどについて』にまとめてくれています。

 

ANN2b

 

クリックclose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です